PART141スクール

今日はPART141スクールのメリットデメリットのお話をしたいと思います。

まずメリットからなのですがPART141はFAAによるカリキュラムに沿って順番に進むのでとても一貫性があります。そしてFAA公認なのでPART61は自家用ライセンス取得まで最低40時間の飛行時間が必要ですがPART141であれば最低35時間で取得可能なのです。もちろん事業用操縦士免許も早く取得が可能でPART61だと最低250時間必要なところ、PART141だと最短190時間で取得が可能となっております。ですがあくまでも必要最低時間であって最終的には生徒のパフォーマンス次第でわかれるそうです。

もちろんデメリットも。決められたカリキュラムに沿って授業はあっという間に進むのでそのペースについていけない生徒もいたり。そんな生徒さんたちは自分のペースや実力に合わせて進められるPART61の方がオススメなのかもしれません。エアラインなどを目指している方はPART141が多くて趣味程度で飛ぶ予定の方達はPART61が多いとか。

ちなみに自分はPART141なのですごいペースで訓練と授業が進んで行くので軽く頭の中がパニック状態です。

広告を非表示にする