師匠は身近にいる

自分にとっての師匠は、一番身近にいて、一番手のかかる人かもしれません。

わたしにとっての師匠は、もしかしたら次男かも・・と最近思うようになりました。

師匠だからといって、崇めるとか、教えを請うとか、そういうことではなく、ただ、とても参考にさせてもらいますよ程度なのですが、本当に彼は、すごいのです。

どうすごいかというと、まず「壁がない」。

そして、プライドも、後ろに厳然たるものはあれど、余計なプライドを捨ててる(笑)。

誰でも受け入れ、去るものは追わない。

そして、口癖は、「まあいっか。」

そして最もすごいと思うのは、片っ端から人に頼むこと。

自分でやることも最近増えてきましたが、

わからなかったら片っ端から電話する。

ちょっと面倒くさいこと、身の回りのことは母親にお願いしまくる。

なんの罪悪感も、塵ほどもありません。

すべてにおいて、わたしとま逆。

そういう彼には、いつも良い友達が付きます。

サッカー部に入っていますが、彼は初心者です。なので、周りは小さい頃からサッカーしている子も多く、

遅れをとる次男に対し、周りがとても優しいらしいのです。

彼がもし、プライドを前に出して、いじけを出していたら、誰もこんなに彼に優しくなかった。

彼は、純粋にサッカーを楽しみ、そして、教えてもらうことに素直なのですね。

出来ないことを素直に出来ないとおっぴろげ、してくれることに有難うとお礼を言う。

すると、周りは、教えてあげよう、協力してあげようと自然になるわけです。

顔つきも、飾り気のない表情。6年生の担任からは、「癒しです」と言われてました。

そんな子に、「社会入ったら苦労するよ」なんて、ナンセンスな言葉はかけません。

「そういうゆきおだから、周りも助けてくれるよ^^」と言い続けるのみ。

彼の個性を際立たせつつ、心屋さんの言うお花畑の性質を大切に、そして少しずつ、

褒めながら自立を促していくということが必要に思います。

そう、それで、彼は、とにかくわたしの師匠だと気付いたのはここ3日くらいのことです。

そして彼は、とにかく体験をして痛い思いをしながら、覚えていく。頭で何か覚えようとしても無理なのです。わかっていながらもしてしまう。してしまうことで失敗しながらもうしなくなる。

そして、失敗の痛みも、引きづらない。まあいっかとしてしまうの。

すごいですよね。。

そして神様は、あえてそういう子を、わたしの近くに置いてくれた。

迷惑かけるという思いより、素直にお願いするということ。

相手の優しさを信じているということ。

とっても素敵な子だったんですね^-^

わたしも、人々の優しさを思い出そう。

次男を見ながら、思い出そう。

今まで自分が人のためにやってきたことが、これから沢山の優しい人々の存在を通して

自分にも与えられることを、それを素直に受け取ることを喜ぼう。

ゆきお、生まれてきてくれて有難う。

ここに書いておくよ。

そんなこと書いておいて、また君といっぱい言いあいするだろうけど、

母ちゃんは心の中で、君を師匠と呼ぶことにするよ。

みなさんの周りに、すぐ近くに、こういう師匠がいることと思います。

ちょっとぐるりと、探してみてくださいね^-^

今日も良い日になります。

有難うございます^^

広告を非表示にする